【小説20巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員VIII」

香月美夜, 椎名優 / TOブックス
(14件のレビュー)

総合評価:

平均 4.3
8
2
2
1
0
  • 私はハイスヒッツェさん推し

    前巻の末尾で孕んだ不穏な気配を余所に、可愛い年少組の登場や印刷・出版業の発展など、一見平静な日常が続きます。しかしそんな日々は虚しく弾け…
    第四部のラストに向けた怒涛を予感させ、感情が揺さぶられるとともに、続きがとても気になります。
    表紙イラストの右下は前巻でハイスヒッツェが巻き上げられた素材、書き下ろし短編でもハイスヒッツェ大奮闘で、ファンな私はハッピーです。
    続きを読む

    投稿日:2019.09.10

ブクログレビュー

"powered by"

  • kaaazunoko

    kaaazunoko

    このレビューはネタバレを含みます

    書き下ろしやエピローグ、プロローグで別視点が入ることにより物語がわかりやすくなります。エックハルトがなんだかんだアンゲリカを気に入ってるところがいいなぁと思います。フェルディナンドの婿入り話は知ってて読んでもやっぱりしんどいですね…マインが泣くところで一緒にわたしも泣いてしまいました。

    レビューの続きを読む

    投稿日:2022.08.17

  • コプ眠

    コプ眠

    不穏な表情の表紙とカラー口絵のガン泣き。なにが起こるの!?
    ということで読み始めると、次世代の弟妹が出てきたり、コスパに見合わなそうなお魚の解体だったり。ほのぼのムード。
    「わたくし、○○が欲しくなりました」。
    「神官長をたすけるためなら、わたし、○○を手に入れて○になってもいいですよ」
    …フラグですか?
    後半、どうなるのかわからないのと別れの予兆で泣きながら一気読みしました。
    続きを読む

    投稿日:2022.07.19

  • isutabi

    isutabi

    ★とにかく、そのくらいわたしは神官長のことを大事に思っているので、神官長を助けるためなら、わたし、グルトリスハイトを手に入れて王になってもいいですよ(p.220)
    ・今回のお楽しみは魚料理の活劇。
    シリアス方面はライゼガング伯爵との対話と。
    ・この巻であるいは全編でも最重要のできごとによりローゼマインはフェルディナンドを脅迫する。
    ・まあ、囚われの姫ぎみ救出作戦はファンタジーの王道やし。
    ・展開上、アウブ・アーレンスバッハはゲオルギーネに殺されるのかと思っていたけど病気かなんかで亡くなる予定らしい。娘のディートリンデは意外にデキが悪く使い捨てられるコマにされそうな気がする。
    続きを読む

    投稿日:2022.04.26

  • 愛未

    愛未

    ディートリンデが蔑ろにされて自尊心を向ける方向を間違えた不憫な子という印象になった
    先代アウブってどんな人だったんだろう?
    アウブ・アーレンスバッハはゲオルギーネの傀儡なの?でも一緒に画策してる場面もあったよね??
    ハイスヒッツェのばか!
    続きを読む

    投稿日:2022.02.09

  • あんず

    あんず

    面白くてもう、やめられない、止まらない状態(笑)

    メルヒオールが、すっごく可愛い。
    ヒルデブラント王子が登場した時もほのぼのと癒されたけれど、あれを越えた感じ。
    アーレンスバッハのお魚を捌く件は、今回も可笑しかった。アンゲリカの活躍や、お魚を板前のように捌くフェルディナンドがこれまでの戦闘よりも一番カッコいいと断言するローゼマインに笑えた。
    この巻では何といっても、フェルディナンドのアーレンスバッハへの婿入りの決定が衝撃的だった。
    それと共にローゼマインに明かされる、フェルディナンドの出自の話、アダルジーザの実とは何なのか?ふたりのやりとりに胸が苦しくなる。
    エックハルトとアンゲリカの婚約解消も、何だか物悲しい。
    重苦しいムードの本編に対して、短編はハイスヒッツェとエックハルト視点の話で、もうハイスヒッツェの話はツッコミどころ満載で、このダンケルフェルガーの脳筋めー余計なことを!と激しくイライラした。
    エックハルトの話は、フェルディナンド命のエックハルトとローゼマイン命のハルトムートが重なって見えたり、エックハルトの心の悪態が結構凄くてびっくり。旧ヴェローニカ派は滅びろとか、邪魔者などサクッと消してしまえば良いとか、なかなか激しい一面があって、真面目なだけに暴走が怖そうなキャラだと思った。
    第四部も残り一冊。次も楽しみ。
    続きを読む

    投稿日:2021.11.07

  • ぴんく

    ぴんく

    いやーメルヒオールが可愛い。気持ち良く分かります。メルヒオールとヴィルフリートが似てなさすぎて好き。

    投稿日:2021.08.21

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

本棚の開き方(スマートフォン表示の場合)

画面左上にある「三」ボタンをクリック

サイドメニューが開いたら「(本棚アイコンの絵)」ボタンをクリック

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。