【感想】読者ハ読ムナ(笑) ~いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか~

藤田和日郎, 飯田一史 / 小学館
(18件のレビュー)

総合評価:

平均 4.6
10
2
2
0
0

ブクログレビュー

"powered by"

  • ひろたか

    ひろたか

    大好きな漫画家で藤田和日郎さんという方がいるのですが、その方が書く、創作論です。
    どのようにしたら面白い漫画が描けるか、というのがかなり丁寧に書かれています。
    新人アシスタントに教える、というていで書かれているので、藤田さんの漫画のように少年漫画の王道が、どうやれば描けるのか、話の作り方やキャラの立て方まで論理的に書かれてるのですが、漫画を書かない私にとって学べたのが、個性とは、言語化できる好きなことである、というところです。そのために徹底的になんで好きかを掘り返せ、外に答えを求めるな、人に説明しろ、意見をもらえ、とあります。自分の人生の指標にもなるなと思いました。
    この作家が好きな方にはすごいおすすめです。
    続きを読む

    投稿日:2022.09.14

  • おかじ

    おかじ

    漫画家になるつもりはないけど、アイデアの出し方であったり、転用できそうなことがたくさん書いてあって感動した。何よりも、自分の外の世界とのコミュニケーションを大切にしようと思った。

    投稿日:2022.04.24

  • arumino

    arumino

    無口禁止
    人の行動に興味を持つ
    「なんで?」を常に意識する
    好き=個性

    読んでいてハッとさせられる事もあり、漫画家を目指す人でなくても面白く読めると思う。
    読み終わった後は行き場のないやる気がわいてきて困った。続きを読む

    投稿日:2022.02.14

  • まいつき

    まいつき

    藤田和日郎、新人アシスタント育成術を語る!
    という歌い文句が帯にあります。

    ビジネス書のような煽りですが、育成術というより漫画に対してこういう風に感じて書いています!という決意表明みたいなものかな。そこまで大上段に振りかぶっていないようにフォローしてますが。

    とはいえ、新人や後輩に仕事を教える時にこういう言い方したいなぁ、と思うことも多々あり。ブレないことだよね、教える際に。それが一番難しいんだよなぁ。
    こちらとしてはブレていないのだけど、受け取る方が矛盾を感じてしまう言い方になってしまっているんだよなぁ。
    担当の武者さんに言われたこと、それを噛み砕いて伝える藤田和日郎さんがいるというのは、いい環境です。この二人がブレてないから、伝わるんでしょう。

    ブレないって、大事だ。
    だから、藤田和日郎作品が好きなんだ。そう思えた、再確認でした1冊でした。
    続きを読む

    投稿日:2021.03.22

  • kawaguccibooks

    kawaguccibooks

    仕事場で売れっ子漫画家がアシスタントに話しかける体裁で進められる仕事論的な教育方法論。研究室や院生部屋の存在価値、あるいはメンターとしてどう振る舞うかなどを考えさせられる。オススメ!

    投稿日:2020.05.04

  • Dr.(読多ー)あんころ猫

    Dr.(読多ー)あんころ猫

    「からくりサーカス」「うしおととら」などの好きな漫画家である藤田和日郎先生が漫画家になるためのアドバイスを詰め込んだ本。

    ずっと独り言に近い会話形式なのですらすら読めます。

    漫画家のこだわりとか考え方というのは非常に興味深いですね。

    面白かったです。
    続きを読む

    投稿日:2020.03.05

Loading...

クーポンコード登録

登録

Reader Storeをご利用のお客様へ

ご利用ありがとうございます!

エラー(エラーコード: )

本棚に以下の作品が追加されました

追加された作品は本棚から読むことが出来ます

本棚を開くには、画面右上にある「本棚」ボタンをクリック

スマートフォンの場合

パソコンの場合

このレビューを不適切なレビューとして報告します。よろしいですか?

ご協力ありがとうございました
参考にさせていただきます。

レビューを削除してもよろしいですか?
削除すると元に戻すことはできません。